インプラント

綺麗な口元と健康なお口をあなたに!

インプラントとは

失った歯を補う方法には、ブリッジ、入れ歯などの方法もありますが、インプラントは「第二の永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目にも、天然の歯の状態に近付けることができます。

歯を失った部分に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯や入れ歯を取り付ける方法を「イ ンプラント」といいます。 人工歯根には「チタン」を使いますので、金属アレルギーの心配はありません。

このようなお悩みはありませんか

インプラント
  • 食事中に入れ歯に物が挟まる不快感
  • 入れ歯装着時の痛み、違和感
  • 硬いもの、大きなものが噛めない

歯が無い状態のまま放置しておいたり、歯肉が痩せていくのを放置しておくと、噛み合わせのバランスが崩れることにより、全身の健康状態に影響が出る恐れが高くなります。 お顔にも歪みが出てきてしまいますし、何より、歯がしっかりと揃っていないと、口元のたるみ、シワを作る原因となり、「老け顔」を作る原因にもなってしまいます。

県庁前デンタルクリニックでは、確かな技術の習得と、豊富な臨床件数があり、皆様に高度で安心なインプラントをご提供しております。

県庁前デンタルクリニック スタッフ紹介


CT画像による正確な診断

インプラント施術に際しては、まず、大学病院などでCTの撮影をしていただきます(九州大学がすぐ近くにあります)。

撮影したCT画像はデータで貰うことができますので、そのデータを院内にあるソフトを使って解析し、インプラントの埋入位置、角度などを正確に診断した上で施術いたします。

CT画像

プライバシーを保てる清潔な個室

インプラントの施術には個室の診療室で行い、落ち着いて治療を受けていただける環境をご用意しております。

症例紹介

ケース01 前歯のインプラント

歯根破折により、前歯が欠損してしまいました。 歯根破折により、前歯が欠損してしまいました。

前歯は最も目立つ部分であり、食事の時に「噛み切る」という重要な役割を担う歯です。


見た目にも自然で違和感が無く、機能的にも十分な役割をはたせるよう、インプラントを行い、オールセラミックスの歯を入れました。 見た目にも自然で違和感が無く、機能的にも十分な役割をはたせるよう、インプラントを行い、オールセラミックスの歯を入れました。



まず、前歯をきれいに抜歯します。そこに純チタン製の人工歯根を埋め込み、セラミックスのアバットメントを付けます。今回はオールセラミックスの歯を使用しました。



こちらの方は全体的な歯並びを整えるための歯列矯正も平行して行いました。歯列矯正の治療期間は1年半ほどです。 治療期間:半年ほど

こちらの方は全体的な歯並びを整えるための歯列矯正も平行して行いました。歯列矯正の治療期間は1年半ほどです。


 その他の症例はこちらで、随時ご覧いただけます。

インプラント治療後のメインテナンス

インプラント「入れたら一生」というものではありません。ご自身の歯をケアするのと同じようにケアなさってください。

難しいことではありません。毎日のきちんとした歯磨きを大切にしてください。

そして、定期的な歯科医院での検診をおすすめいたします。

インプラント施術後も、長く快適にお使いいただけるように検診やアフターフォローをいたしております。

このページのトップへ